紫外線をUVケアTOP ≫  紫外線の基礎知識

紫外線の基礎知識

スポンサードリンク

どんなダメージがあるの?

■肌へのダメージ

 ○シミ

   UV-Aを浴びると、肌は防御反応としてメラニン色素を大量に作るらしいです。
   通常は肌サイクルに伴ってメラニン色素も剥がれ落ちて元に戻るらしいのですが、
   何らかの異常で色素沈着を起こすと、シミとして残るらしいです。
 
   シミができる仕組みとは・・・

   UV-Aによって表皮の下部にあるメラノサイトが刺激を受け、
   メラニン色素が大量に作られるらしい。

   メラニン色素は古くなった表皮とともに剥がれ落ちるが、
   何らかの異常でメラニン色素が残った部分がシミになるらしい。


 ○シワ

   UV-Aの影響で、肌の弾力とハリを司るコラーゲンがダメージ受けて
   真皮が萎縮すると肌に溝(シワ)ができるらしいです。

   紫外線によるシワは年齢に伴うシワと異なり、
   日焼けを繰り返すうちに皮膚の老化が進むので「光老化」とも呼ばれるらしいです。

   シワができる仕組みとは・・・

   UV-Aによる真皮のダメージが、
   肌の弾力とハリを司るコラーゲン断裂・変性するらしいです。
   また、コラーゲンの生産力も低下するらしいです。
   そして、真皮が萎縮し、溝(シワ)ができるらしい。


■目へのダメージ

 紫外線は、目にもダメージを与えるらしいです。とくに怖いのは白内障らしいです。
 眼球の水晶体がにごって視力が衰えたり、失明したりする障害らしいです。

 また、スキー場などに長時間いた場合、
 目に激しい痛みを感じる「雪目」も強い紫外線が原因らしいです。


■その他のダメージ

 体内の免疫機能へのダメージも深刻らしいです。
 紫外線が免疫力に影響し、ウイルス感染症単純ヘルペスなどが
 引き起こされることもあるらしいです。

 また、髪の毛がバサバサになってしまうのも女性には嫌なことですよね。

スポンサードリンク
Copyright (C) 紫外線をUVケア. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。