紫外線をUVケアTOP ≫  紫外線の予防方法 ≫  サンスクリーン剤は塗りっぱなしにしない

サンスクリーン剤は塗りっぱなしにしない

スポンサードリンク
紫外線の予防に有効なのがサンスクリーン剤(日焼け止め剤)ですよね。
サンスクリーン剤は自分の肌タイプに合っていて、
使い心地のよいものを選ぶことが重要らしいですよ。

SPFPAの値だけで選んでしまって、「ベタつきが気になる」などと
メーカーが定めた量より薄く塗ってしまうと効果が半減するらしいです。

塗るときは、顔はもちろんのこと、首筋や耳、手の甲、
サンダルのときなら足の甲などにも忘れないようにしましょう。

少しずつ指にとって、ムラなく伸ばすのがコツらしいです。

また、会話などで表情筋を動かしたり、
汗をハンカチで抑えたりしているうちにだんだん落ちていくので
塗りっぱなしではなく、2〜3時間おきに塗り直すと
予防効果が持続するらしいですよ。

ウォータープルーフが汗で流れにくいのがメリットですが、
1日の終わりにきちんと落とさないと肌に負担をかけてしまうので
注意が必要のようですね。

くちびるにも、UVカットのリップクリームを塗るといいみたいです。

通常、サンスクリーン剤には、
紫外線吸収剤紫外線散乱剤が配合されているらしいです。

吸収剤は、科学的な反応で紫外線のエネルギーを吸収し、
熱などに変換して放出されるらしいです。

一方、散乱剤は、紫外線を反射、散乱するものらしいです。

肌がデリケートな人は、散乱剤のみ配合した商品や、
吸収剤を小さなカプセル内に閉じ込めて配合している商品を選ぶといいみたいですよ。

スポンサードリンク
Copyright (C) 紫外線をUVケア. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。