紫外線をUVケアTOP ≫  紫外線の予防方法 ≫  紫外線はどのように防ぎますか?

紫外線はどのように防ぎますか?

スポンサードリンク
紫外線の皮膚の障害は、それまでに浴びた紫外線の総量で決まるらしいです。
子供のうちからケアしたり、季節や天候に問わず、
常に紫外線を予防することが大切らしいです。


■日焼けしない服装で外出しよう

 紫外線対策の観点でいえば、肌の露出はできるだけ減らしたいものですよね。
 UVカットのストッキングをはいたり、外出時は長袖を羽織るようにしましょう。

 帽子はできるだけつばの広いものを選んだり、
 サングラスで目を守ったりするといいかもしれません。

 また、UVカット加工された日傘は、紫外線予防効果が大きいのでオススメらしいです。

 ただし、空気中に散乱している光や地面からの反射光もあるので
 日傘だけでは不完全らしいです。

 日傘は紫外線吸収率の高い黒色がベストですが、
 中が暑くなってしまうので、薄い色でも大丈夫らしいです。

 濃い黒やレンズの小さいサングラスは瞳孔が開いてしまい、
 かえって紫外線が目に入りやすくなるらしいので気をつけたほうがいいらしいです。

 防止はできればつばの幅が7cm以上あるものがいいらしいです。
 首筋も日焼けしやすいので、襟のある服やスカーフを利用するといいらしいです。

 薄手のカーディガンが便利らしいですよ。
 色は紫外線を吸収してくれる黒色のものがベストらしいです。
 UVカット素材のものあるらしいので取り入れてみるといいかもしれませんね。

 腕まで覆う手袋もオススメみたいですよ。
 車の中など、日傘をさせない場所でも活躍してくれるみたいです。

 地面からの反射光もあるので、素足は厳禁らしいです。
 ロングパンツかUVカットのストッキングをはくといいかもしれませんね。 


■室内でも紫外線を予防しよう

 UV-Bは厚さ5mm以上の窓ガラスで遮断できるらしいですが、
 UV-Aはガラスを透過して室内に届いてしまうらしいです。

 窓には紫外線防止フィルムをはったり、日差しの強い時間帯はカーテンを閉めたり、
 ひさしやよしずを利用したりして、室内に侵入する紫外線カットしましょう。

 また、家で過ごす日も、サンスクリーン剤は忘れずに塗りましょう。
 ソファや机は直射日光が当たらないところに置くのがベストかもしれませんね。

スポンサードリンク
Copyright (C) 紫外線をUVケア. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。