紫外線をUVケアTOP ≫  紫外線の基礎知識 ≫  まずは紫外線を知ろう!!

まずは紫外線を知ろう!!

スポンサードリンク
紫外線は何で怖いのか?

紫外線が日焼けの原因になることは知っていても、
その種類や詳しいダメージまでは意外と知らないものですよね。

まずは「紫外線がなぜ怖いのか?」を知りましょう。

AとB、2種類の紫外線が皮膚にダメージを与えるらしいですよ。

UV(ultraviolet)とも表記される紫外線は、
肌をやけどさせたり(日焼け)、皮膚の免疫力を奪って感染症などを引き起こしますよね。

紫外線は太陽光線に含まれる波長の短い光で、3種類に分類されるらしいです。

紫外線の90〜95%を占めるのは「 UV-A 」らしい。
この「 UV-A 」は、皮膚に活性酸素を作り、遺伝子DNAを傷つけてしまうらしいです。

照射量は少ないのに怖いのは「 UV-B 」らしい。
この「 UV-B 」は、皮膚細胞に直接吸収されて、遺伝子DNAを傷つけてしまうらしいです。

また、最も強いエネルギーを持つ「 UV-C 」は、
オゾン層と空気中の酸素分子に遮られ、地表には届かないらしいです。

UV-C 」のほぼ全量と「 UV-B 」のほとんどがオゾン層に吸収されてしまいますが、
近年、地球温暖化問題で取り上げられるオゾン層の破壊が進むことによって、
紫外線の増加が懸念されているらしい。


■日焼けの種類

 ○サンバーン

   ・原因
      UV-B

   ・肌の状態
      肌が赤くなりヒリヒリ痛む

   ・発症する時期
      強い日差しを浴びた後

   ・皮膚への影響
      ひどくなると水ぶくれやむくみが起こる。
      皮膚ガンの原因とも言われる。


 ○サンタン

   ・原因
      UV-A

   ・肌の状態
      肌が褐色になる

   ・発症する時期
      サンバーンが起こった後

   ・皮膚への影響
      メラニン色素が増え、肌が褐色になる。
      シミやシワの原因になる。


通常は、日光を浴びて8〜24時間でサンバーンがピークになるらしいです。
そして、2、3日後にサンバーンが消失するサンタンになるらしいです。

サンタンに移行するとメラニン色素が作られ、
UV-Bの影響でDNAが傷つくのを防ぐことができるようになるらしいです。

ただし、ほとんどサンバーンが見られない人やサンタンが起こらない人もいるらしいです。

スポンサードリンク
Copyright (C) 紫外線をUVケア. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。