紫外線をUVケアTOP

紫外線をUVケア 新着情報

スポンサードリンク

日焼けした時に積極的に摂りたい栄養素とは・・・

■ビタミン

 ○ビタミンC

   抗酸化作用により、紫外線によって発生する活性酸素を抑え、
   細胞と細胞の間を結ぶコラーゲンの合成に役立つらしいです。

   【食品例】イチゴ、キウイ、じゃがいも、ブロッコリー、ピーマンなど


 ○ビタミンE

   抗酸化作用により、活性酸素による脂質の酸化を防ぐらしいです。
   ビタミンCと一緒に摂ると効果的らしいです。

   【食品例】ナッツ類、植物油、うなぎ、たらこ、かぼちゃ、アボカドなど


 ○β-カロテン

   抗酸化作用免疫を増強する働きがあるらしいです。

   【食品例】にんじん、ホウレン草、ピーマン、かぼちゃ、スイカなど


 ○ビタミンB2

   主に皮膚や粘膜の健康維持を助けるらしいです。
   細胞の再生や成長を促進し、皮膚の新陳代謝を高めるらしいです。

   【食品例】レバー、卵、大豆、乳製品、納豆、春菊など


■ミネラル

 ○亜鉛

   細胞の再生に必要な栄養素で、不足すると
   紫外線に対する皮膚の抵抗力が低下するらしいです。

   【食品例】うなぎ、カキ、ホタテ、大豆、肉類、ゴマなど


 ○セレン

   紫外線によって酸化した皮膚の細胞膜の分解を促進するらしいです。
   抗酸化作用が非常に強いらしいです。

   【食品例】いわし、カキ、牛肉、ネギ、玄米など


■アミノ酸

 ○L-システイン

   強い抗酸化作用で、皮膚細胞を守るらしいです。
   メラニンの生成を抑えたり、できてしまったメラニンを破壊するため、
   シミの予防にもなるらしいです。

   【食品例】牛肉、牛乳、サケ、小麦粉など

スポンサードリンク
Copyright (C) 紫外線をUVケア. All Rights Reserved.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。